スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

** こどもクラフト教室2 **

クラフト教室mini

日曜日、クラフト教室の2回目を開きました♪

 前回とっても楽しんでくれたので、今度は何を作ろうと悩む悩む・・・。

フェルトのかごバッグ原寸mini

 試作を繰り返し、あーでもないこーでもないと楽しい妄想を広げること2週間(笑)。

 今回は2年生から6年生まで、みんな一緒のものを作りたかったので、
ミシンは使わず手縫いにしようと思いました。

紙刺繍原寸mini

 手縫いで、そこそこ簡単でそこそこ達成感があって見栄えがするものを考えて、
クロスステッチに挑戦することに。

 でも、学校では家庭科は5年生からで、
針を持ったことのない子にいきなりクロスステッチは難しいかも・・・。

 と、最初はこんなので練習してもらいました。

 「ステッチカード」
かわいいイラストを印刷して、厚紙に張って穴をあけておけば、
運針の練習にぴったりです。

 夜な夜な目打ちでブスブスと(笑)。何枚も作りました。

 実際に縫ってもらうと、すごーく上手にできてうれしい驚き♪
糸の色を変えたり工夫もしてくれて楽しんでくれました。

クロスステッチ見本mini

 そしていよいよクロスステッチ。

 子どもたちの好きそうな絵柄をたくさん用意して、
それぞれ刺したいものを選んでもらいました。

 こちらは私が刺した見本。

 アリエルにミニオンズ。
見本を見せると、みんなと目を輝かせてくれてうれしい瞬間でした♪

こども糸ケースmini

 レッスンは4時間ほどなので、自宅でも挑戦してもらえるように
針と糸と刺繍枠をプレゼント。

 100均で刺繍糸のセットを買って、フェルトで簡単なケースを作って入れています。

こども針刺し原寸2mini

 そして針とピンクッション。

 針を持って帰ったり、こどもに触らせるのはやっぱり危ないので、
こんなピンクッションを作りました。

 ペットボトルのふたにピンクッションをくっつけて、空き瓶に入れました。
こうすれば使った後はふたをすれば針を失うことも、
うっかり刺さっちゃうこともなく安心♪

 おまけで、ボンヌママン風のお名前ラベルを付けてみました。

 左側の息子用のは、空き瓶が足りなかったので、
小さなクロスステッチでイニシャルを。

教室原寸mini
 クロスステッチ、単純な作業が延々と続くので、
飽きたらどうしよう。嫌がられたらどうしよう・・・。
との不安をよそに、みんなすごい集中力で挑んでくれました。

 会話が途絶えるほどの熱中っぷり。

 帰ってからも、みんな続きを刺してくれているみたいでとっても嬉しい。

 刺しながら、間違えて叫んだり、アホな話をしたり(笑)。
今回もとっても楽しいひと時でした。

 来てくれる子の中に、左利きのお子さんがいます。
左利きの子を教えるのは、要領が違って難しいのだけど、
昔友達が左利きで、家庭科の先生にきちんと教えてもらえず
不満を漏らしていて、縫物嫌いだったのを思い出して、
楽しいと思ってもらえるように左利きをちょっとだけ研究して
工夫して教えてみたつもりです♪

 楽しさが伝わっているといいなぁ。
大人になって、「あんなおばちゃんがいたなぁ。」
くらいに思い出してくれたらいいなと思います♪

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。